「自己分析」と「企業研究」自己アピールや志望動機はすべて一本の線で繋がっている。

就活の道筋が見えている人

従来の新卒者就職活動の流れ

マイナビ・リクナビに登録 自己分析 企業研究 会社説明会へ行く 応募書類作成(エントリーシート作成) エントリー 選考1筆記試験対策 選考2面接対策

こういう流れです。で、就職活動を始めるのに何からして良いかわからないので、云われるがままにリクナビに登録して会社説明会に行き、企業のパンフレットをもって帰宅して、家で自己分析のチャートをやる、というのが一般的。



さあ、それでは就職活動をする上で、まず何をすれば良いか?
それはどれだけ多くの情報を自分が手に手にしているかで勝敗(内定)に大きく左右します

大手就職サイトを覗くと、「自分を知る」「仕事を知る」ということが必ず書かれています。まず就職活動の下準備とされていること、それは「自己分析」「企業研究」になります。でも「自己分析」しろとか「企業研究」をしろとかって、正直、何言っているかわからなくないですか? 自己分析ってどうやるの? ということでそれもチャートがあります。

これを実際にやってみて「うーん」何となく自分を知れたような??

だけどみなさんどうでしょうか? 「自分を客観視してデータを集める」とか「箇条書きに過去あったことを並べる」とか「自分史をつくる」とか、「ああ、なるほど」っていざやってみると途中で挫折しませんか? それで根気いい人もいて、最後までやってみます。「うーん、じゃあ、経理職かな」とか自分の就くべき職種がわかりますか?

わかったようなわかってないような、何となく思い込みで職種や業界を絞ろうとしていませんか?

本当にそうやって天職を見つけたと言う人はいるのでしょうか? 僕は聞いたことありませんが、まあ、中にはそういう人もいなくもないかもしれせん。だけど、僕自身の経験から云うと、そういうのって無意味でした。
やっていてつまらないし、ある程度やっても何も見えてきませんでした。そこで就職活動の初めの一歩として「自己分析」「企業分析」などから始めていくこと、

正直なところ、無意味です!!

そもそもそんなことしてやっても仕事は仕事ですから、そして就職した先に自分の理想の環境、理想の人間関係が待っているなんてことは稀でしょう。では、じゃあどうすればいいか?
そこで我々が就職・転職活動をする上で、自己分析するなどというまどろっこしい手順は省きます。

「自己分析」「企業研究」「エントリーシートに書くべきネタ」を同時にやれてしまう、その方法。

マイナビ・リクナビの登録までは悪くありません。こういう就職サイトに登録して、サイト内を眺めるだけでも情報が入ってくるので、まずは登録するでOKです! ただし、その後にでたらめに会社説明会にいって家で自己分析をする。

何度も言うようですが、駄目です。無意味です!

何故なら無駄が多いからです。でたらめに会社を何社か回っていくということがどれだけ時間を浪費するか。会社を回って説明会に参加するというのは、相当な時間と労力がいります。会社説明会にまで行くと言うことは、業界と業種がある程度絞れてからにしましょう。

「え? そんなこと言ったって会社回んなきゃ何も見えてこないじゃん」

そんなことありません! 「自己分析」「企業研究」と「会社訪問」が時間を短縮して、一度にできてしまう方法があるのです!!



それから自己分析についてですが、これは確かにチャート式になっていますが、自分を客観視して自分の特性を知るなんてことは、就職活動中の短い期間では到底できません。それは長い人生を掛けて取り組むべき課題です。小手先だけで、就活中だけ自己分析しても何も分からないことが大半です。「マイナビ」などにある自己分析のチャートをやってみて、自己分析ができる人は、もともと自分を日々見つめていた人です。今までそのようなことをあまり考えずに生活してきた人は自己分析などしても就職に役に立ちません。就職活動をする上で、やるべき事は1に情報収集、2に情報収集でありチャートで自己分析することではないのです。私は自己分析が不必要と言っているのではありません。ただ自己分析は就活中、チャートでやってみて終わるものではないのです。手順はいりません。情報収集を始めから行ってください情報収集をして(インプット)して書き出す(アウトプット)する。この繰り返しで自分を知ることは可能です
ではどうすればいいか?そこのところのノウハウを示して行きます。


タイトルとURLをコピーしました