企業組織の基本的な部所・部門(もの造りの現場での職種)

就活の道筋が見えている人

理系の就職

理科系の学部は文化系の学部とは違って物理や化学、数学に特化した専門分野を学んできたという企業側の認識として、技術系や研究職の即戦力として見られます。

理系には特殊な大学の学部が多種多様にあり、ニーズに合わせて企業側が欲しい人材を選ぶため就職に有利な反面、仕事は学生の時から学んできた専門的な仕事を一生することになり、技術職や研究部門のトップになることはあっても文系のように会社の基幹社員になることは稀です。

とはいえ理系のほとんどは「工学部」「理学部」で締められているので、この学部の学生は就職の倍率が特殊な学部を卒業してきた人より上がります。

それでも「工学部」などを出ても専門的な研究を大学院までやってこられた人がほとんどなので文系よりも即戦力、かつ就職に有利なのには変わりありません。

文系の職種

文系が何を学んできたか、大ざっぱに言うと理系がある特定の専門分野を学んできたとは対照的に、教養課程を経て、各学部を通して社会を綜合的に見る目を養ってきたというのが表向きの見方です。

実際は、文化系は産業のことはわからない若い人間という見方をされることがしばしばあります。

文系を卒業予定の人の職種は基本、総合職か一般職になります。企業側からすれば一からスタートしてもらって、管理職候補として採用するわけで「事務系」か「営業系」に回されることがおおいです。

ごくたまに技術系に選出される文系卒の人もいますが「特別な資格を持っている」とかそういう事がない限り稀でしょう。

 

主に文系の職種

総務

人事

経理

購買

営業

生産管理

マーケティング

広報

物流

品質管理

主に理系の職種

研究・開発

技術

技術保全

情報システム

大まかにざっとこれだけあります。他にも細分化され企業にはもっと部門がありますが、これくらいの部門はあるでしょう。

あなたがメーカーで働く場合、このいずれかの部門に配属されます。大まかに覚えといて損はないでしょう。

もしあなたが入社前に入りたい部門の希望があったとしても、企業はあなたの特性を選考中に判断しているので、希望通りの部門に配属されるとは限りません。

どんな部門に入っても、工業の流れのなかで全て責任あるやりがいのある仕事になります。部門や勤務地の移動は頻繁に変わるものなので、あまり四角四面に考えずにどんな部門に配属されてもやれるんだ、という柔軟な考えでいましょう。

 

このようにメーカーには部門が有り、これは主に事務職とか総合職という企業の社員が行う仕事です。これもちょっと頭に入れといてください。ちなみに初めに頭に入れておく必要はありません。

社会・企業研究」をしながら、例えば一人の人に会いに行って話を聞いて家に帰ってレジュメを作成するときに確認のためにもう一度このブログを開いてみてください。そしてコーピーしておいて足りてない情報などを書き込んでも良いと思います。

 

このようにして、商品が市場に運ばれて行きます。

そして、小売り店に並びわれわれが購入するわけです。あとは食品などであればメーカーで加工され缶詰やパック詰めされて、食材として飲食店やホテルなどに運ばれて食材として使わたりスーパーとかコンビニに商品が並ぶわけです。

そしてこの小売りやホテル、外食産業に従事する人たちが第三次産業です。

タイトルとURLをコピーしました