就活を動画視聴で進める~仕事のとっかかりメソッド2

就活の道筋が見えている人

人に会いに行くのが怖い人はどうすればいいか?

上述したやり方は、一番お勧めの就活の一歩ですが、もし人に会いにいくのが苦手とか、ちょっとそういう伝がない、と言った人はどうすればいいか?

これについても基本は同じです。ある特定の業界に関する本と動画を見て社会構造を理解すればいいのです。「本を読んで勉強するとかだりい」と思うかもしれませんが、難しいことをする必要はありません。本と動画の比率は2:8にしてください。動画を見る比率を多くしてください。何故かというと、本で読むより視覚と聴覚を使って情報集めをした方が、情報が頭に入りやすいからです。ただし、細かいことで気になったことは本を探して読んでみた方が良いと思います。

まず初めに社会の構造を大まかに作成して把握します。これについては後で社会構造の仕組みについて解説します。そして、一つの業界に絞って動画を視ていきます。

 

例:今回は飲料水メーカーでググります。ググり方はこうです。ヤフーかグーグルで「飲料メーカー 仕事」で検索してください。すると「製造工程」「飲料業界研究」などの動画がヒットするので、それを一通りみてください。視る動画を選ぶときは、見た感じ社会構造に関する関連動画を選びましょう。興味ない動画を視聴し続けるのは、ちょっとだるいので、興味ある業界から動画を選びましょう。例えば他にはファッション関係に興味があるなら「アパレル業界 仕事」「アパレル業界の1日」などでググると良いと思います。こうやって動画を一通り視て、社会構造と照らし合わせて流れをざっと後でまとめていきます。この業界はどんな材料を使って、どんな人たちが働いていて、どんな1日の流れになっているか、とか。なるべく上から目線で社会を見下ろしているような気分で動画を視聴しましょう。1日1業種のレジュメを作成します。何を作成するかについて箇条書きしていきます。

 

・その業界の原材料と仕入れ先を(動画のどこかにあります)調べて書く

・その業界のできあがった製品の行き先。どこで売られるのか? できればどのような運搬方法で運んでいるかを書く。

・そこで働く人の1日を書く(わからなければ誰かに聞いても良いでしょうし、ググってサイト検索してもいいでしょう)。

・その業界の仕組みを自分なりに作成してみる。例えば飲料メーカーなら、Iという会社がどんな材料を使って、その原材料をどこの国から仕入れて、工程はこうで、作られた飲料水はどこを経由して、どこに向かって売られるのか。複雑にしなくていいので簡単に書いてみましょう。

 

ちなみに動画はドキュメント、例えばNHK「仕事の流儀」などおもしろそうな関連動画を選んで視ていくというのも長続きするキッカケになります。とにかくそうやって情報を自分で作成してまとめていってください。その先に絶対明るい未来があります。お堅い動画や本を選ぶ必要はありません。簡単に解説してくれるおもしろい動画を視ていきましょう。

 

このように就職の第一歩は、自分で足を運んだり、動画や本やブログを見て、自分なりに情報収集して社会の構造を把握する作業になります。自分で見取り図をつくってみて、気になる業界と業種があったら徹底的に調べていく。

なぜ自己分析ではなくて、いきなり業界とか業種とか、仕組みとかそういったものから探っていくのかといいますと、それは自分なんてものはこれからどんどん変化していくものであり、もともとないも同然だからです。例え自分(パーソナリティ-)というものがあるとしても、それが何かの仕事に結びつくなんてことはありません。そういった意味から「自己分析」はやらなくていいのです。

 

就職活動の第一歩は社会の仕組みを自分で作成してみることです。そのためにやるべきことは上述の通り2つです。

 

・社会人に話を聞いて回る。

・動画やブログや本などから情報を得て作成していく。

 

まあ、なるべくなら外に出て、人と会って話を聞く方が効果的です。

もしお話を聞かせてくださる人がいるのなら、それは善意になります。ですから心ばかりのお礼の品物を送ることでしてみるのもいいでしょう。

 

「情報収集する前に知っておくこと」

先ほど示した「社会人に会いに行ってお話を聞かせてもらう」と「ネットや本で情報を得るやり方」を実践する前に最低限知っておかなければならないことがあります。それを私が今から解説していきます。これについては、図解説明を自分でも書いてみてください。

 

ここから少し入り組んだ産業経済の勉強に入りますので、少し集中して書き写していってください。

 

まず働く上で、自分が社会システムのどの部分に属して、どんな役割を任されて仕事をするかについて解説していきます。

404 NOT FOUND | とっかかりブログ
教養・社会派ブログ
タイトルとURLをコピーしました