【恋愛における男性心理】男性が女性を手に入れるにはどうすればいいのか

恋愛成就

男性には2種類の人間がいます。

女性と縁の無い男性
女性を手に入れた男性
女性にはわからないかもしれません。実は女性は男性に一生縁の無い人は存在しにくいのです。それはどんな女性でもです。一生誰とも男性と縁がなかったという女性も人類史上いた可能性はありますが、それを証明する術はありません。男性は一生のうち女性に縁がなかったという人は大勢いるということです。
男性は、生まれながらの冒険家です。そして冒険は酒に始まり女に終わるのです。
男性は生まれながらの冒険家。男の人生という「冒険」は酒に始まり、女に終わる
LGBTという「レズビアン」「ゲイ」「バイ」「トランスジェンダー」という性の多様性はありますが、生殖については「男女」の間にしかできません。
ちなみに「男の冒険は酒に始まり、女に終わる」というのは夏目漱石「彼岸過迄」という小説の森本という登場人物の言葉です。
手前味噌ではありますが、夏目漱石のこの小説の要約については、リンクを載せておきます。

女性脳と男性脳からみるジェンダー

どんな理由で同性愛に至るかは学術的にも諸説あります。ですが、生殖能力は男女が合わさって出来ているというのは周知の事実です。
女性が何を考えているか、男の僕からは仮説を立てて考えるしかありません。ですが、どうも女性の脳は生殖に支配されているのではないかという検証ができあがりつつまります。どういうことかというと、月経によって彼女たちの情動が動いているということです。それは生殖によって彼女たちの考え方ができ上がっているのではないかということです。まあ、はっきりとしたことは言えませんが。女性の行動心理については「プリンセス・マーケティング」という谷本理恵子さんのマーケティングの本に書かれていました。こちらも手前味噌ですが、書評を書いておりますので興味ある方は是非読んで見てください。
男性から見ると、女性は神秘というか不思議であり、その妖艶さは本能というか脳髄を刺激します。ですからいつか女の元に男は行きたいと思っているのです。これは僕の仮説ですが、LGBTの男性であってもやはりどこかでそのような本願望が植わっている可能性があると僕は考えています。
とにかく男性の旅は酒に始まり、女で終わるのです。酒ってのは「酔う」ってことでロマンのことです。ロマンをもって人生を突き進んでいって、最後にその壮大な夢は女で終わりをむかえると言う意味です。

女性とは男性が手に入れるもの

女性は「LOVE」♀ 男性は「LOVER」♂

ヨーロッパでは女性を「LOVE」と言います。それはつまり女性は「愛」そのものという意味だそうです。そして男性は「LOVER」と言います。端的に言えば、女性は「愛」そのものであり、向かうのは男性という意味らしいです。「My Little Lover」ってバンドがありましが、これは「私の背の低い彼氏」という意味です。

女性が「愛」自体で、男性が「愛」に向かう者というのは性別のマークでもありますねw

まあ、小さい頃から薄々勘付いてきましたが、女性の方から男性にアプローチするのって下品にみえませんでした? ギリ、上目遣いになるとかモーション掛けるとかそういった間接的な仕草に限定されるのが女性の求愛行動です。

ズカズカ女性から来られると、男性の方でどん引きするなんてことも多いですよね。まあ、たまに積極的な女性もいますが。

男性が女性を手に入れるということ

男性というのは女性に神話めいた神聖なイメージを抱えています。男性は女性に神秘的な物語性をもともと有しているのです。

女性が自分の隣にいて、同じ方向に歩いてくれるということは男性にとってこの上ない誇りであり、人生の最終地点なのです。まあ、そのあとも人生は続くし、死ぬまで隣にいる女性との人間関係は続いていきますが。

どうやったら男性が女性を手に入れることができるか?
その方法はいくつもありません。たった一つだけです。最終的に言葉を遣って男性は女性に「愛の告白」をしなければならないのです。
どんな手を使っても、最終的には言葉で気持ちを伝えないと恋愛は成就しないのです。ということで言葉で愛を伝えて、女性がそれを受け入れたところで男性の人生の冒険は終わりを迎えるのです。全然、そのあと死ぬまで人間関係は続きますが、男にとってはそういう終わりなのです。
男性が女性を表象する女性像論は、夏目漱石「こころ」から読み取れます。

どうしたら男性は女性を手に入れることができるのか?

これに関して方法は一つですが、プロセスは二つあります。

 

男性が女性を手に入れる方法は「愛」そのものである女性に面と向かって言葉を遣って愛の告白することです。そして、プロセスは二つ。一つは男性が理想やロマンから脱却してなければなりません。男は現実に立ち戻って女という現実に向かうのです。現実に立ち返れない男性は一生独りです。そしてプロセスの二つめは、女性との縁です。互いに真に選ばれているのか選定になります。それが間違っていれば、愛は生まれないし、男性は両目を失って人生を彷徨うことになり、女性は不幸になります。

最終的に言葉で言わなければならない契約行為ですが、それが偽りなら女は受け入れても受け入れない状態に陥り、二人は破滅に向かうことでしょう。

【人生と占い】幸せになるためにするべき5つの運命を変える行動
みなさん、占いって信じますか? そもそも占いって何なんでしょう? 何となくですが、人間、現在に至った経緯を頭...
タイトルとURLをコピーしました