人間関係を良くする劇的な方法5選

現代社会

 

人間関係を良くする方法5選
十分な睡眠を取る
職場の人間にギブを増やす
自分の欠点を正直に認めてみる(マインドフルネス)
有休を今までより多めに積極的に取ってみる
他人は他人、自分は自分を徹底させる

生きる上で、人は仕事をして収入を得なければ精神的安定が得られません。

人生をより良く生きたいと願うのは誰しも願うところであります。ですが、何をもって幸せとするかは人それぞれ。とはいえ、仕事が安定していて、人間関係が良好ならそれほど不自由はないでしょう。まず幸せの第一歩は精神的に安定した状態を維持すること。職場環境を整えることが一番肝要なことだといえます。

人間の欲求には五段階の欲求があって心理学者のマズローがこれを提唱しました。

 

心理学の正体が10分でわかる~心理学入門・マズローの欲求5段階説まで
心理学の歴史から、マズローの5段階欲求までの心理学の根本を探る、 心理学入門。

 

人間は、低次の次元から向かって「生理的欲求」「安全欲求」「所得と愛情欲求」「自尊欲求」「自己実現欲求」という5段階で自己実現をしていくという理論になります。

仕事を安定させるということが高次の欲求充足には不可欠なのです。

仕事を安定させるというのは、端的に言って職場の人間関係です。今日は人間関係を良好にするための解決策を5選ご紹介します。

十分な睡眠時間を取る

いきなり睡眠時間の話し? 人間関係と何の関係があるの?

このような声が聞こえてきますが、2ちゃんねるの創始者である西村博之氏が睡眠について語っています。彼曰く「自分は能力的には平均くらいが精一杯。では、どのような他の能力高い人と社会のなかで渡り合うかというと、それは睡眠を十分に取って頭をすっきりさせた状態にするのが最善」と語っていました。

つまり能力が高くても、疲れていたり、気分がイライラしている状態の人間と社会の中で渡り合うには、常にあたますっきりした状態を維持する必要があるということです。

だけど、それと人間関係を良くすることとどんな関係があるの? って思いますよね。

これも同じなんです。人と接するときも余裕がある方が相手は安心できます。こっちもゆとりをもって相手の意を汲むことができるからです。他人は自分の精神状態によって対応も変わってきます。いつでも疲れている人は人間関係でも損をしているのです。

 

 

「会社で働いていて睡眠なんて不足するの当たり前じゃん?」

どうしても仕事に追われる週の半ばから後半は疲れが溜まっていきますね。

そこで、睡眠時間を定めて取るのではなく、週の中頃は夕方に帰ってきたら何もせずに寝る。例えば午後8時に寝て、疲れが取れるまで寝続ける。そして、頭がすっきりした状態で起きて、自分のことをしたら夜中2度目の睡眠をする。

つまり睡眠を2度に分けるやり方は意外に有効であるという研究者もいます。

頭をすっきりさせてから何かをやると効率が良い上に、また頭を使うので2度目の睡眠も熟睡できるということです。一度、試してみてもいいかもしれません。

2度睡眠を取ることで、一番疲れが溜まる週の後半に頭がすっきりした状態を保つとイライラも減って人間関係も良好になります。ストレスが溜まっているから他人にギスギスする。ギスギスするから会社内で人間関係が悪化する。悪循環に陥るので、睡眠に工夫が必要です。

職場の人間にギブを増やす

会社内でギブを増やすとは何も誰かに贈りものをするとかいうことではありません。意外にギブを忘れて仕事をしていませんか? 資本主義の産業構造上、ギブ&テイクは仕事を円滑に進めるための武器になるのです。

先週一週間で、誰かにギブをしたかを少し考えてみてください。

恐らくギブを一回もしていない、という人が結構いると思います。人に何かを贈与するということは歴史的に人類が富を得てきた営みの一つなのです。試しに1日1回誰かにギブをしてみてください。それは仕事上のギブでもいいし、誕生日にAmazonギフト券などの金券やLINEギフトを贈りものとして同じ職場の人間にあげてみてください。それは例えばコンビニスイーツの引換券などでもいいのです。

これによって驚くほど人間関係が良くなります。物でなくても仕事を手伝うとか、誰かが何か困っているのがわかったら手を差し伸べるとか。これにより自分が与えた相手のなかに「やってもらった」「物をもらった」という思いが残るのです。これは学術的には贈与論といいます。

相手の中に「借り」ができると、思わぬお返しがいつかきます。そしてこれは人間関係に影響します。

自分の欠点を正直に認めてみる(マインドフルネス)

社会人になると、プライドが先に立ちます。このプライドは正直、仕事をする上で人間関係の悪化の大きな要因になっています。ですので、プライドを捨て去ることはできなくても自分を省みて、精神的に安定する必要があまります。

考えてみてください。自分が社会の中で価値があるということを示したい気持ちが先に立っていませんか? よくよく過去を振り返ってみるとこのプライドのために誰かとぶつかったりしたことはないですか?

確かにあなたは価値のある人間です。長年の経験から仕事もできることでしょう。

しかし、それを示したい自己顕示欲をもって誰かに接してないですか?

これは人間関係の悪化の大きな要因であり、往々にしてプライドのぶつかり合いが職場での誰かとの不仲につながっているのです。人間関係を良好にしたいのであれば、正直になって一度、自分の欠点を紙に書き出してみてください。これをやることで驚く人間関係が改善すること請け合いです。

有休を今までより多めに積極的に取ってみる

有休を有効に使ってみるのは、これからの働き方に必須なことです。

考えてみてください。会社の雰囲気や事情によって有休が取りにくいのはわかります。しかし、これからそれを自分で打破してみる努力をしてみてください。誰も有休を取って無くても、あなたが率先して有休をたくさんとってみてください

あなたの人生は一回限りです。有休を取ってリフレッシュする。それも二週間に一回くらいの頻度で取ることで、年にたった5日有休を取るより、どれだけ有意義な人生に変化することでしょう?

そして、これは人間関係が良好になる要因ともなります。必ずなります。何故なら心にゆとりができるからです。職業によっては忙しくてそんな悠長なこといってられない、という人もいるかと思いますが、それでも二週間に1回積極的に自分から有休を求めましょう。必ずや人間関係が好転します。

他人は他人、自分は自分を徹底させる

これはみんながわかっていることだと思いますが、意外にこれを意識している人は少ないように思います。

「他人は他人、自分が自分」とは、「他人の価値は他人の価値、自分の価値は自分の価値」という意味です。つまり他人の価値と自分の価値は等価だと言う意味です。能力の差はもちろんあります。貴方が他人より秀でていることもあるだろうし、その逆もあります。

しかし裏を返せば能力の差は、一つの側面に過ぎないのです。

貴方は自分より劣った存在を想定して仕事をしていませんか? 振り返ってよく考えてみてください。この価値観を転倒させることで驚くほど他人との関係は改善されます。

おわりに

物事は何でもバランスの上に成り立っています。

人間関係が悪いということは、どこかバランスが偏っているのです。そして、その原因はあなたの意識にある場合がおおいのです。睡眠を工夫することによって精神状態を整える。相手に譲歩する。相手にギブする。どんな人間も見下さない。有休など与えられている権利は最大限、武器にする。

これにより心身穏やかに、バランスを常に整えて仕事をするようにしましょう。

マインドフルネスのように価値転倒もこれからの時代必要なことなのです。

タイトルとURLをコピーしました