【アルバイト・正社員】施設警備・守衛は楽なのか? 施設警備・雑踏警備・交通警備をやった経験から実情を語る

現代社会

警備の仕事は楽なのか?

お給料が少なくても精神的に楽な仕事をしたいと思っている人も多いはずですが、施設警備・雑踏警備・交通警備を経験したことのある僕が警備業のリアルを余すことなくお話します。結論からいうと、警備業は楽です。と言いたいところですが、本当に楽な現場もあれば、つらい現場もあるといったのが現実的な回答になります。つまり、楽かどうかは現場によるということです。

どうしたら楽な現場に配属されるか? その答えは警備会社選びによるところが大きいです。僕は楽な現場で働いていました。緩い規則、冷暖房・テレビ・冷蔵庫完備の室内で受付をしながら夜は巡回を行う。だいたい1コースが30分~1時間。深夜に2~5回見回りです。

それから僕、結構、多くの現場を経験しました。市民文化会館や工場、病院、ビルなど……

この1記事でかなり有益な情報が得られると思うます。スケジュールや1日の大まかな流れも説明していきますからご期待して読んでみてください(^_^)。

ここで知れる情報
施設警備とそれ以外の警備、どっちが楽?
警備業を行う上で楽な現場選びとは
施設警備の1日の流れとシフトについて
警備業のお給料
警備業をする上での注意点



施設警備とそれ以外の警備

そもそも警備には四種類の業種があります。一号警備から四号警備まで。

一号警備は施設警備を始め巡回警備や保安警備、空港警備などです。二号警備は交通警備、雑踏警備。三号警備は主に現金輸送、危険物運搬。四号警備は基本的にボディーガードなどです。詳しくはALSOKのサイトに書かれているのでリンクを貼っておきます。ここでは、手っ取り早くできる一号警備と二号警備について情報をご提唱していきます。

警備業とは|ALSOK
身近にあるけれどあまり知られていない警備業やALSOKに関する情報を、わかりやすいイラストやグラフを用いて表現したページです。

そもそも一号警備と二号警備どちらが楽か?

もちろんこれも警備会社や現場によります。ですが、根本的に二号警備は外でやる仕事で一号警備は建物の中でやる仕事が多いです。というわけで本当に根本的に言うと、二号警備は暑くて寒い。一号警備は室内で快適という認識で普通にあってます。どちらがいいかはあなた次第ですが、そういうことです。いくら楽な建築・土木の現場でもとりあえず二号警備(交通誘導、雑踏警備)は夏は喉がカラカラになるほど暑く、冬は震えながらやるものです。

というわけで、僕は施設警備一択だとおもいますが、外でやる仕事を望むならどうぞ。

施設警備について

一号警備の施設警備といっても、これまた千差万別あります。施設警備は常駐警備とも言って、その役割は「建物のセキュリティーを守り、その建物の管理者に安心安全を提供する」お仕事です。施設警備の種別は次の通りです。

施設警備の種類
  • オフィスビル……企業のオフィスがあるビルを警備する常駐警備です。ビジネスマンなどの人の出入りが多く、業務的にはたいへんな部類
  • 商業施設……例えばディズニーランドやアミューズメントパーク、デパート、公営ギャンブル場などに常駐する警備員
  • 医療機関……病院や介護施設に常駐する守衛さん。
  • 工場……企業が所有する工場に常駐する守衛さん。
だいたいこんなところになります。僕の経験から人の出入りが激しい現場は大変で、田舎の工場や病院の守衛は比較的楽です。都会のテレビ局などはオフィスビル警備に分類されますが、人の出入りが多くて、警備員の数も揃えているので大変だと思います。
楽な警備業を目指すなら、田舎とか小さな企業の工場かこれまた田舎の医療機関などがお勧めです。人の出入りが少なくて、警備員の数も揃えていない夜は1~2人になるような現場は楽なことが多いです。端的に言えば、都会より郊外に行ってなるべく小さな工場や医療施設の守衛をやるのがお勧めです。

施設警備の1日の流れとシフトについて

次に施設警備の1日の流れやシフトについてお話していきます。
とはいえ、これも施設警備の種別によって、あるいは現場によって違います。これは全然違います。オーソドックスな施設警備のお仕事についてお話していきます。

勤務形態の一例・病院勤務・基本的に長時間拘束されます。

  • 8:00〜翌7:00の23時間(実働16時間、休憩7時間)
  • 17:00〜翌8:00の12時間(実働8時間、休憩4時間)

とか、こんな感じです。

例1・オフィスビルの常駐警備
基本的に都会のオフィスビルの常駐警備の経験が僕はないため聞いた話から。具体的には守衛室があって多くの警備員が常駐しています。そして、シフトごとに配置されて仕事をしています。まず、裏口などにある守衛室にいてモニターを監視する。それかビルの受付前にいて外部から来たお客さんを案内したり、異常は無いかを見張る役割。そして、入り口や建物の中に直立で立って警備する役などです。
このようにオフィスビルの警備は大勢の警備員と配置を換えながら各業務に着くといった具合です。結構、人の往来も多く大変だと思います。
具体例2・商業施設
これはオフィスビルと違って、商業施設などレジャーに来たお客様に対して対応する仕事なので、これも大変ですが、若干、オフィスビルの常駐警備員より少しだけ気楽にできるかもしれません。何故ならビジネスパーソンではなく浮かれているお客さんが多いからです。まあ、そんなに違いはありませんが。ですが、不特定多数のお客を相手にするので、いろいろ人が来ています。犯罪を犯す人や暴れる人、暴言を吐く人などドラブルも日常茶飯事にあり大変だと思います。
具体例3・医療施設の守衛
病院の守衛の経験がある僕にとって、この仕事が最も条件が良かったです。ただし田舎の市立病院などに限ります。都会の病院や大きな大学病院は規模に比例して大変になります。とはいえ、オフィスビルや商業施設の常駐警備に比べれば雲泥の差があるほど気楽です。シフトも現場によりますが、医療現場の仕事になるので、お給料も手取りで20万超える現場も多く、ある大学病院の守衛は35万もらっているという現場もあります。工場の守衛の方が僕は楽だと思いますが、給料とのバランスでは田舎の市立病院が一番良かったです。
1日の流れは守衛室にいて受付をします。時間が来たら巡回をします。その繰り返しで、時間によっては放送を流したり、部屋の鍵を閉めに行かなくてはなりません。シフトは僕のいた現場では朝8時出勤、一人で受付。9時に駐車場の見回り。11時に巡回。15時に巡回。それ以外の時間は座って受付です。ずっと座り仕事でそのかわり持ち場は離れることはできません。田舎の病院なので老人が多くおおらかに対応してれば老人と世間話などしておだやかな1日でした。
夕方17時からは2人態勢。総務が帰るので電話対応。20時一人が巡回、一人受付。19時を過ぎると田舎のため人が来なくなる。急患が時々来るので看護師に取り次ぐ。深夜になると10時から仮眠に入り、相方が明くる日の午前2時まで受付。2時から相方が仮眠に入る。2時から6時まで受付。といった具合です(^_^)。
デメリットは深夜帯やるということと仮眠はそれぞれ4時間あるのですが、うとうとしてしまうこともある。急患で妊婦が来ると責任重大でしっかりやらないと問題に発展する(インシデント)。精神科の人が電話してくる。大量服薬など自殺未遂の連絡がある。まあ、これら対応も看護師につなぐだけですが(^_^)。
具体例4・工場の守衛
工場の守衛も基本的に医療系の仕事と変わりません。企業さんの工場の門の前にある守衛室が警備員の巣になります。受付は工場の総務がやっている時間帯の8:00くらいから17:00まで外部から来た業者やトラック運転手などの受付をやります。巡回は夜にやることが多く、昼間に回る場合は交代で回ることが多いです。
工場の規模が大きくなれば大きくなるほど、3~10人くらい守衛所に警備員がいるという状態で仕事をします。そんなに大きくない工場だと一人勤務のところもあります。楽さで言えば断然、守衛一人態勢の工場現場が気を遣わなくて良いと思います。
医療系の守衛と違うとことは、重大なトラブルが少ない。医療系は伴すれば命に関わることも多いです。守衛の対応が遅れればインシデントに発展し問題になることもあります。速やかにドクターや看護師に来てもらうくらいのことですが、それが非常に重大な事故に直結しています。それに比べればトラックの運転手に入門許可をするくらいでそんなにトラブルもないと思います。

施設警備の仕事で最も重要な業務・防災監視について

施設警備の仕事は何事もないことが通常であり、逆に言えば何かあったのなら建物のユーザー(企業の総務課など)に報告の義務があります。有事の際には、すみやかに対応しなければなりません。特に大事なのが火事や地震です。守衛室には火の気や煙を感知する防災監視盤が必ずあり、誤報が多いですが、意外によく鳴ります。何か異常を感知したら速やかにマニュアルに従って建物にいる人の安全を確保しなければなりません。

さすがにこの時ばかりはゆっくりしているわけにはいけません。火の気があると監視盤が感知した現場に誰かを向かわせて、あるいは自分で行って状況を確認しなければなりません。必要なら消防車などに連絡しなければいけない。そこだけはちゃんとしないとユーザーの信用を失います。
各現場にはマニュアルがあるので入ったらしっかり把握してください。穏やかな日常ではありますが、有事の時だけは迅速に動けるようにしておいてください。

警備員の月収・年収

警備のお給料については、ほとんどの現場日給月給(働いた分のお給料)になります。ただ僕がいた会社は日給月給ではありましたが、厚生年金や社会保険は完備してあり、ボーナスも出ました。ただ警備業界も千人規模の大手ならいいのですが、ほとんどが中小零細です。小さな警備会社は社会保険を完備していないところが多いので、なるべくなら500~1000人規模の警備会社を選んだ方がいいでしょう。それ以上規模の大きい会社になると少々規則が厳しいかもしれません。

中規模くらいの警備会社、欲を言えばビルメンテナンス設備や清掃などを抱えていて、テレビCMにでないくらいの大きな会社で緩そうな社風であると楽かもわかりません。現場は少人数現場の医療施設警備か郊外や田舎の工場の守衛がお勧めです。お給料はどこも博給ですが、あまり零細企業になると、ちょっと「え?」っていうところがあるかもしれません。

まあ、だいたい相場としては手取り18~25万くらいもらえる中堅企業(警備業以外も請け負っている)がお勧めです。ボーナスがある会社もありますが10万くらいの寸志程度の企業が多いです。もちろん名のある最大手警備会社はちゃんと福利厚生があります。

警備員をする上での注意点

警備員をやるのであれば、新任教育を15時間受けなければなりません。あと半年ごとに現任教育と健康診断を受けなければならず、警備を続けるのであればこれは義務になります。警備業法というものがあってしっかりと法律が定められているので、入社する前に十分把握して、入社する企業との契約をしっかり確認してから入りましょう。

入社した後で話が違うなんて事は中小の警備会社には多々あります。決める前に条件面を確認し警備業法をある程度勉強しておきましょう。警備員になって安定した日々は訪れます。現場が心地よいものになるように一緒に働く人たちとはなるべく仲良くしましょう。まあ、我の強い人も一定数いますが自分が折れることを意識すればうまくいくことが多いです。

あとは現場によっては綺麗な総務部の女の子やアルバイトの女の子がいるところもありますが、結構セクハラ問題が多発しています。というのもちょっと見てるだけで「ジロジロみられた」など若い子がいやがることもあるそうですw。よくわかりませんが。しつこく付きまとうとかも結構聞きました。

みなさまの人生がより実り多きものであるように、少しでもこの記事がお役に立てたら幸いです(^_^)。それでは!

 

タイトルとURLをコピーしました