【年収250~400万】楽な仕事ランキングから「楽な仕事」の条件を知って楽に仕事をする方法を学ぶ

現代社会

毎日、精神的に安定して心配事もなく悩みもない、平安のなかで仕事をしていきたいと思いませんか?

では、楽に仕事をしていくためにはどうすればいいか? 今日はこの働き方問題にフォーカスを当てて話します。根本的に「楽な仕事」とは何かを明確に知って、より安定した社会生活を送るように行動していきましょう。この記事には強いインパクトが残るような根拠が示されていて、知ることでより安定した社会生活が送れるように行動できるようになってくると思います。

だいたい年収が250~400万円の間で、楽な仕事ランキングを調べてみると、いろいろなランク分けがされてます。どれを信用していいのかわかりません? なかなか難しいところですが、直観的に「TechCampブログ」というプログラミングスクールのランキングがいいとこいっていると思ったので、今回はこのサイトのランキングを取り上げます

男性版:楽な仕事ランキングTOP10!体力的・精神的に楽な仕事とは | テックキャンプ ブログ
働くなら「できるだけ楽な仕事をしたい」と考えていませんか。「今の仕事が体力的・精神的にきつい」「正直働きたくない」という方が「できるだけ楽な仕事をしたい」と考えるのは当然のことでしょう。この記事では、主に男性に向けて「体力的・精神的に楽な仕事」をランキングで紹介していきます。
男性版
  • 第1位:大家
  • 第2位:警備員
  • 第3位:塾講師
  • 第4位:社内SE(システムエンジニア)
  • 第5位:ビルメンテナンス
  • 第6位:ルート営業
  • 第7位:地方公務員
  • 第8位:トラック運転手
  • 第9位:WEBライター
  • 第10位:工場作業員

女性版
  • 第1位:事務
  • 第2位:薬剤師
  • 第3位:地方公務員・団体職員
  • 第4位:受付
  • 第5位:データ入力
  • 第6位:コールセンタースタッフ
  • 第7位:在宅ワーク
  • 第8位:クリーニング店スタッフ
  • 第9位:清掃作業員
  • 第10位:販売職

楽な仕事の定義

楽な仕事って何だと思いますか?

男性のランキングを見て「トラックの運転手」「工場作業員」ってのはちょっとランキング入りするのか疑問に思います。何故なら、両職業とも大半の人にはきつい仕事になるからです。楽だと感じる人もいるでしょうけど、半分以上の人はきついと感じているでしょう。

何故そう言えるかというと、僕は「物流企業」にもいたし、工場労働もしたことがあるからです。

あとは「塾講師」も大手予備校の人気講師まで上り詰めれば楽でしょうけど、一般的に小さな塾の講師は激務だと聞いたこともあります。

全般的に言えることは、どんな仕事でもその職場によるということです。

楽な仕事に就くために「仕事が楽である」とはどういうことかを知っておく必要がある

ずばりいいます!! 楽な仕事とは、人の眼差しや監視のない職場で仕事をすることです

2004年には「人の社会的監視」について、「他者の眼差し」が我々の社会生活において群れを形成し、同時に強いストレスともなるという人類の歩みについての番組がNHKでありました。

「地球大進化 46億年・人類への旅
第5集 大陸大分裂 目に秘められた物語」が放送されました。

恐竜絶滅後、霊長類になった私たちの祖先は巨鳥などの天敵、大陸大分裂による気候変動に翻弄されるなか、目を進化させて命をつないだ。その果てに、優れた目で仲間を認識し、「社会」を築きはじめた。ヒトへの飛躍を果たす霊長類のドラマ

2015年には生物の目の誕生」について、NHKで「生命大躍進」という番組が放送されました。

生命大躍進第1集そして
NHKスペシャルの番組公式サイトです。

今まで僕もいろいろなバイトや仕事を経験しましたが、何がきついって、体力的な問題以上に誰かの監視のもとで仕事をしているということほどキツいことはなかったです。監視は無言でも圧力があれば疲れます。
人は無意識に社会生活の中で周りの人間を見張っています。また、自分でも周りを常に見張っています。その「眼差し」があるからこそ人は体裁を気にして空気を読んで行動しているのです。
人類は進化の過程で、群れを形成して社会の中で安心して暮らすために、無意識に他人を監視する習性が自然に身についていったとNHKの番組では解説していました。群れの中にいて、他人が群れの安全を脅かす存在であるかを瞬時に察知して、排除していくような社会性が人間の誰にも身についたといいます。
僕が今までで一番楽だと感じた仕事は、一人で部屋にいて受付をする施設警備員の仕事でした。総務などの事務室とは離れて、一人気ままに仕事をする。もちろんやるべきことはやります。入門管理や巡回など、時間によってやるべきことは決まってます。
だけど、何が楽かって、人の眼差しがないことほど気楽なことはなかった。
これもよく聞く話ですが、「社会的地位が上がって一人部屋をもった時が一生で一番仕事が楽になった」ということを言う人が圧倒的に多い。
人間は無言の監視の元に生活をしていて、他人の監視態勢が自分に対して敷かれていることを察知するやいなら、人は強いストレスを感じずにはいられないのです。
いろいろ指摘してくる人がいるとストレスが溜まりますが、これは自分が強烈な監視態勢に置かれていることを意識すすからストレスになるのです。監視が解かれている状態が人間一番リラックスして仕事ができるのです。

楽な職業とは誰かに監視されていない状態で安定して仕事をすること

誰かの目の行き届かない職場ってありますか?

ほとんどありませんよね? 強いてあげるなら在宅ワーク・フリーランスで自分の部屋が仕事場・管理職になって自分だけの部屋が持てた状態・施設警備・ビルメンテナンス、あとは今まさにリモートでするお仕事ですね。これはいくら監視カメラがあっても直接人の眼差しがないところで仕事をする分、精神的に楽に感じたという人も多いと思います。

あとはトラックや宅配の運転手。これも気楽には気楽ですね。さっきは大変な職業だといいましたが、体力面で自分の身体が慣れているのなら気楽ではあります。その代わり、慣れないうちは体力的に思った以上にキツいと思います。

女性でも男性でも、どんなに楽なデスクワークをしていても誰か口うるさい目上の人がいて仕事をしていると嫌になりますよね。仕事の質と言うよりは「人間関係」。もっといえば誰かの眼差しがあって圧力がある職場・誰かに監視されていることがストレスや鬱の最大の原因になります。

人の「眼差し」がある職場でも楽に仕事をするためには

我々のストレスや鬱の原因が誰かの無意識の監視である「眼差し」だと原因を突きとめましたが、そうはいってもそういうことを回避できない職場もたくさんあります。大半がそういう職場だと言った方がいいでしょう。

では、人の眼差しがあっても毎日平穏に働くにはどうしたらいいか?

それは周りにいる人間の監視態勢を和らげるしかないのです。つまり職場環境を改善するしかありません。「仕事は仲良しクラブではない」という主張をする人がよくいますが、仕事は仲良しクラブに越したことはないのです。

職場の人間関係がよければ、和気藹々あいあいと仕事ができる。そうなると細かいところまでコミュニケーションが行き渡ります。情報伝達も早くなり、密に情報をもってみんなで仕事ができます。精神的に誰かが追い込まれるということもなくなります。

誰かの監視態勢にない、気心の知れた仲間と同じオフィスにいる。これだけで個々のパフォーマンスも上がり、アイデアも生まれやすくなります。

ですが、そんな状況ってあるものなの?

それは難しいです。そんなに人は他人に優しくありません。仲のいい職場作りをしても、監視しやすい管理タイプの人間や我の強い自己顕示欲タイプの人間がいなくなるようなことはないからです。

人生を充実させるためには、職場環境(人間関係)の改善が必要なこと

まず、人間関係を今のまま、そのままにして我慢して仕事を続けていくのはやめましょう。職場環境(人間関係や問題)をクリアしてから仕事に集中しましょう。少なくとも環境を自分で変えていく努力をして、それでも不可能なら戦略的に我慢して今後のことを考えてみましょう。

他人の性格はどんなに自分から働きかけても変わりません。

というわけで、働き方改革の最重要課題は自分から有利な環境に変えていく以外に方法はありません。なるべくなら今の会社を辞めたくない。辞めたくないが、嫌な奴が一人だけいて、その人間がいることで毎日が憂鬱なんて人も多いかと思われますので、解決策を提示します。

まず、前提としてですが、他人の性格は変わらない。これを頭に入れておいてください。
では、嫌な奴はどんな人間かを考えてみてください。そして、どうして自分とその人間は水と油になってしまったのか? これにより対処の仕方が変わります。
嫌な奴と自分との関係性の考察
  • 嫌な人間との相性が根本的に悪い
  • 嫌な人間とは初めは仲が悪くなかったが、ある時期に仲違いしてしまった
  • 嫌な人間は上司や先輩など目上の人である
  • 嫌な人間に同調して自分をいじめて来る人間が他にいる
  • 嫌な人間は同性か異性か?
こういう分析を自分でしてみましょう。それによって対処の仕方が変わってきます。
嫌な対象へのアプローチ・選択肢
  • 嫌な人間と仲良くしてみる
  • 嫌な人間を自分の環境から退ける

選択肢はこの二つしかありません。職場にいる「嫌な人間」と自分との仲の悪さの度合いでも対処の仕方が変わってきます。

一番いい方法は、形だけでも嫌な人間を自分に取り込んでしまう方法です。

ずばり言います。嫌な人間に「Give」を行うことが最善の方法です!
これは少しづつ、小さな事から大きな事まで「Give」をその対象にし続けてみるのです。それもさりげなく困っていることを手伝う。初めは行動で相手に恭順の意を示していき、少し関係が和らいできたら、LINEギフトのスイーツ券などの少額の贈り物とか缶コーヒーを渡すとかでもいいです。
これはそんなに仲悪くないのに何かの拍子に仲違いみたいになってしまった人や、どこか意味もなくしゃべらなくなった人、自己顕示欲が強くて自分を主張してくる人間には最適な方法です。
あくまで改善の余地がある人に「Give」施すのです。大きな贈りものをしてはおかしいので小さな手伝いや少額の贈りものをするなどでOKです。
こういう場合ではなく、根本的に生理的に相性が悪い相手の場合、これは相手を完全に退けましょう。策略をもってその人間を自分の環境から閉め出しましょう。
どうすればいいか?
上司に相談する。
人事部に間接的に働きかけて部署を変えてもらうなりできないかを模索する。
そして究極的に仕事を辞めてしまうことです。
嫌な気持ちで仕事をするのは身体に毒です。必ず、人間関係や職場環境の見直しを行いましょう。それだけで人生が楽になります。まあ、別に嫌いだけど、何か危害が加わるわけでもないから我慢するってくらいのことならそれでいいと思います。
問題は鬱になるくらいまでその人間に追い詰められた場合のことです。
その場合は、必ず「相手を取り込む」なり「退けるなり」「辞めるなり」した方がいいと思います。
自己顕示欲が強くて、何だかやり込められてしまうって人には「Give」を行っていってみてください。人生はそれだけで楽になります。
変えられることは自分から変えましょう。変えられなくて我慢するくらいなら諦めて他の仕事を探しましょう。
タイトルとURLをコピーしました