ブログを始めて6ヶ月目でGoogle検索キーワードが上位にランクされ始めた時にすべきこと

SEO

ブログをはじめて6ヶ月目に突入

ブログをやられている方にとって収益化は最重要目的だと思います。さて、我が「とっかかりブログ」も7月20日に始めて5ヶ月経過しました。現在2020年12月30日です。この記事では、ブログをやられている方にSEOに関する私の状況を提示します。ご自分のブログと比較してもらって対策に役立てていただけたら幸いです。とはいえ、人のブログの状況を見ると結構進んでいたり、あるいは遅れていたりして嫉妬したり、相手の進み具合によっては一喜一憂したりすることもあるかと思いますが人の振り見てみて何とかです。この記事も情報としては有益だと思います。

 

現在の状況から説明します。みなさまに朗報です。半年近く経って、僕のブログ収益は0ですw

ただし、Googleアドセンスについてはブログ始めて一週間で取得できました。が、アドセンスまったく設定していません。何故なら数百円稼いでも目的の達成としてはスタートにもならないからです。目標はあくまで5万円の収益で、もちろん月にどれだけでも稼ぎたいと思っています。まずは5万円コンスタントに収益化できてから次を考えようと思っています。

さて、いろいろなブログをみて研究していると初月から収益を上げていたり、6ヶ月で10万近く稼いでいる人も見かけますが、多少羨ましいです。ですが、状況は千差万別なので他人の収益なんかあまり僕には関係ありません。確かに素人から始めて順調に収益を上げている方もいるでしょう。それから素人でも「権威性」(専門家)があったり、明確なビジョンをもって臨まれている人かもしれないし、強いドメインをもらい受けている場合もあります。そうではなくて努力だけで上り詰めた方もいるかもわかりませんが、そんな見えないものを追っても仕方が無いのです。僕は僕です。

ブログを始めて6ヶ月目での検索キーワード上位表示

ちなみに僕は完全なブログ素人で、回りにメディアリテラシーについて知っている人は皆無の状況から始めました。まあ、2、3人話を聞けた人はいましたが、ほぼ0からのスタートで、ワードプレスを契約してサイトを作ったのですが、全部ググって作成しました。そもそもブログやYouTube自体の運営も後発的でして、それもいろいろな動画をみて知りました。
そんな僕でも最近、ニッチな「検索キーワード」で4つほど上位表示されだしたので、ここのところをご紹介していきます。
まず、現在60記事ほどサイトに上げておりますが、このなかで「オーガニックサーチ」で上位に上がっていて、その「検索キーワード」からほぼ95%が僕のサイトに流入してきます。それでも1日20~40人くらい訪問して50記事以下くらいのページビュー(PV)になります。これでは収益化できないですよねw それでもこれが過程なのだと言い聞かせてモチベーション保っております。ちなみに訊いた話で、半年でほぼ上位検索なし、訪問者0~5人なんて人もザラですので、僕より進んでいる人はいいですが、なかなかSEO対策進んでない人も安心してください。
私の「とっかかりブログ」のオーガニックサーチで上位表示されるサイトは「細かい作業が苦手な人の適職とアバウトな人の出世録」と「夏目漱石『彼岸過迄』のあらすじが5分でわかる~『彼岸過迄』のとっかかり」になります。
細かい作業が苦手な人の適職とアバウトな人の出世録
「細かい作業 苦手」「細かい作業が苦手 適職」「細かい作業 苦手 仕事」「細かい仕事 苦手」など。これらがほぼ1ヶ月以上検索上位1位
ニッチすぎて笑われてしまうかもしれませんが、ここから12月は200人くらいこのキーワード検索で流入してきているので、僕にとっては重要な記事になっています。
夏目漱石『彼岸過迄』のあらすじが5分でわかる~「彼岸過迄』のとっかかり」
「彼岸過迄 あらすじ」「夏目漱石 彼岸過迄 あらすじ」「彼岸先生 あらすじ」などが、検索上位1~5位で安定
この記事は夏目漱石の小説の要約記事になります。
この記事も思った以上に検索する人が多いので、この記事と検索キーワードも僕にとっては重要なSEOの材料なのです。

この二つの記事が主力で、僕が今後すべきこと

まあ、少なくはありますが、この2つの記事は僕にとってGoogleさんに与えられた材料だと考えております。確かに収益化しにくくてニッチなキーワードかもしれませんが、これは僕がサイトを運営して収益化するための材料には違いありません。Googleさんありがとうございます。ありがたくここからSEO対策してまいります。
さて、ここからが本題です。僕にはここまでの材料ですべきことがあります。
検索キーワードがいくつか上位表示され始めたと手放しで喜んでいられる状況でもありません。実は、この「細かい作業が苦手な人の適職とアバウトな人の出世録」の記事、主力として書いた記事ではなかったのです。ですので少し軽視していましたが、この記事が11月に入る前から上位に表示され人がここから流入してくることがわかって、記事のリライトをしなくてはいけなくなりました。
現在の「細かい作業が苦手な人の適職とアバウトな人の出世録」の記事からほとんどの人がこのサイトに入ってくるのに記事を洗い直さない手はありません。ちなみにGoogleアナリティクスから離脱率も75%を超えておりまして、早急に直さないといけなくなりました。僕のブログの入り口がこの記事になっているのに、それを放置しておく馬鹿はいないと思います。この記事に内部リンクを貼って、文章を推敲して、読みやすく要点をまとめて記事をリライトしなければ……

記事のリライトに取りかかる

鉄則ではあるとおもいますが、記事のリライトは上位表示されているページから始めました。
僕の記事は文字ばっかりで、所々「オーダン」という無料写真を提供してくれているサイトの画像と「いらすとや」「イラストAC」でダウンロードした絵を貼ってあるだけの記事だったので、少し要点を纏めました。
リライトで主に取り組んだこと
誤字脱字を直す、推敲して日本語のおかしなところを直す、センテンスを読みやすく区切っていくなどの日本語の文章そもののの推敲
僕が使わせてもらっているテーマ「コクーン」を使って、重要箇所を囲ったり、吹き出しを入れるなどの工夫をしていった
関連性のある記事を内部リンクして行く作業 → 内部リンクした記事を同じようにリライトしていく
貼ってある写真を再び選定しなおして、より魅力的に見せられるような努力
これらをした結果、目に見えて表れてきたこと
12月1日~25日 直帰率 72.8% 平均ページ滞在時間 2分47秒
12月26日~1月10日 直帰率 60.9% 平均ページ滞在時間 2分34秒
これを見ると一見、ページ滞在時間が減ってはいますが、新規で流入してきたユーザーのページ滞在時間が40秒ほど上がっていました。既存のユーザーがそれより下がっていたのですが、SEOってファンが付くと言うより新しい人が毎日流入してくる感じですよね?
だから直帰率が下がって、新規の新しいユーザーの平均ページ滞在時間が上がったことで多少の成果が出たと考えております。
あと、余談ですが、Googleの検索で出るドメインスコアが1から3に上がってましたw
収益化には30必要らしいですが、まあそれでも少し上がってよかったです。
「村上春樹 子供」というワードが1月9日現在で検索順位5~10位を記録してました。これもリライトしてよかったことの一つです。ちなみに1月11日現在20位くらいまで下がってましたが。

はたして我が「とっかかりブログ」は収益化できるのか?

恐らく、5桁の収益化までにもうしばらく時間が掛かるでしょう。
そもそも3000PVもない状態ですし、雑記ブログで売れる商品もありません。
ただ、まったく進んでいないわけではない。
確かに、僕も2ヶ月モチベーション落としてブログに手をつけていなかった時期(10月~12月)があったとは言え、進歩が0ではなかった。このくらいで収益化できている初心者ブログもたくさんありますが、張り合ったってしようがない。2年まったくPV付かない人もいれば半年で10万行く人もいる。色々です。僕は僕、どんなに時間が掛かってもいいと考えております。
しかし収益化のためには課題はあります。
収益化の課題
ジャンル選定
売れるものが見つかったらセールスライディングをしなければならない
更なる記事のリライト(読者目線の獲得)と記事の品質向上
内部リンクの見直し
SEOで更なる上位表示のために外部の被リンク獲得が必要
だいたいこんなところでしょうか?
課題山積みです。またSEOの進捗状況を報告していきます。
次回はこの5つの課題をどのように取り組んでいるかを書いていきたいとおもいます。
タイトルとURLをコピーしました