ブログを始めて3週間・どこまでいったか~SEOの理念を考える

SEO

はじめに

こんにちは、シバトモです。

ブログを始めたばかりの社会人です(^_^)

2020年に7/20にXserverを借りてブログを始めました。ドメインを取って、支払い・契約が終わって、さあ記事を書くぞと意気込んでみたはものの、Wordpressに苦戦。まあ、いろいろとやることがあって、1週間分記事を貯めておいたのですが、記事を貼り付けてさあ読んでください、というまでに15時間かかりました。

現在、この記事を書いているのが8/12であります。ブログをはじめて3週間が経ちました。

お盆時期で、1年で最も暑い時期ですね。外は炎天下です。ちょっと外に出たけど、もの凄く汗が出てきてとても外にいられません。

僕のブログは、ちょっと難しいテーマを扱っているので、記事執筆に時間が掛かります。「文系の教養」のとっかかりを与えて、社会人や学生さん、あるいは年配の方にその魅力を知ってもらうための記事を書いています。何事においてもまず「とっかかり」です。「とっかかり」さえあれば、あとはそれを手掛かりにして、自分で学んでいけます。

大人がちょっと「興味があるけど何だかよくわからん」みたいなものの全体像とおもしろさをお伝えして、「なるほど」と理解してもらうのが当ブログの目的です。

で、現在、僕のブログもそこそこ育ってきているので、一体僕が何を目的にブログをやっていて、その進捗状況や苦労した点、ブログの収益化の簡単な説明など雑多なお話をしてみたいと思います。そのなかにSEOというグーグルの用語が出てきますので、それについてちょっと考察してみたいと思います。

みんな何故、必死に「ブログ」や「SNS」や「YouTube」をやっているのか

何故、みんな必死にYouTubeなりブログなりをやっているのか?

あまりわからない人のために説明しておくと、それはその媒体に人気が出ると、広告収入が入るからです。だからみんな慈善事業でやっているわけではなく、楽して稼いでいるわけでもなく、人気YouTuberのヒカキンさんとかはじめしゃちょーさんとか、いろいろなことやってますが、彼らもそこにお金を掛けて投資したり、労力と手間を掛けて質の高いコンテンツを作っているわけです。

ですからできた媒体はすべて、商品なのです。その商品を求めてくる人が多ければ多いほど、広告収入が入ります。何も楽しておもしろおかしく、YouTuberやブロガーやって楽して稼いでいる訳ではありません。

例えば、僕のブログにしたって、ここまで文系の教養貯めた人っていますか?

誤解のないように言っておくと、もちろん大学の教鞭のある先生や大学院の生徒さんなんかだと、もっと専門的に、もっと最先端に学会に出て、研究して、文献を読み込んで論文を書いているわけです。僕の知識はあくまで、一般の人向けの媒体であって、難しいことを難しくないように工夫して誰かに提供しています。教養のとっかかりを提供するするって、すごく手間と時間が掛かるのですよ。色んな事知ってなければ記事書けないし。ちょうとYouTube大学のオリラジのあっちゃんのブログ版イメージですね。まあ、人気がでるのかはわかりませんが、それはまた別の話ですけど。

とっかかりブログ、これまでの歩み

まあ、歩みったって始めてたった3週間です。広告収益が上がるはずもなく、ドメインの知名度もまっさらです。これからブログの進捗状況を逐一記事にしてみます。リアルタイムにブロガーの進捗状況を眺めるって、同業者にとってもアフィリエイトやっている人にとっても、勉強になると思います。

まず、ブログというのは記事を書かなければなりません。

キーワード選定をして、

テンプレを作って

記事を書いて、

デザイン等のテーマの芽生えをよくして、

SEO対策をして、そうやってようやく記事をポンと掲載するのです。たぶん見た瞬間、免疫のない人はよくわからないことを言っているようにみえるかもしれません。

ブログってのは大まかに言えば、多くの人がそのサイトに来てくれて、記事を読んでくれる。その数が多ければ多いほど良いのです。それでですねえ、多く人が来るってどのくらいくるかっていうとですねえ、やはり人気YouTuberさんや人気ブロガーさんのところには毎日何万人、何十万に来るわけです。

何故、そんなに一つのサイトに人が来るのか? それは人気があるからってのもありますが、そればかりではありません。

それは検索エンジンに掛けたときにパッと一番目の付くところに上がるから、そのサイトにくる人が多いのです。

検索エンジンというのはYahoo!さんやGoogleさんのページに検索する項目がありますね。

で、みなさん知りたいことってありますよね? 例えば、小さい猫が箱に入って捨てられていたとします。すごく小さい子猫です、目もまだ開けられないほど小さい。みゃーみゃーとか細い声で鳴いている。

こういう状況になったときみなさんどうしますか?

これって人それぞれで対応の仕方が変わりますよね。ある人は放っておくでしょうし、ある人は一旦保護して、保健所に連れて行くとか飼い主を探すとか、あるいは親切な人は飼ってあげようとか思いますよね。で、こういう時ってみなさんは、どうやって情報を集めますか?

今の時代、みんなググって情報を得た上で対応しませんか? 今の時代、わからないことはすぐに検索エンジンに掛ける。この場合、みなさんなら先ずパソコンを開いて、検索エンジンに「捨て猫 保健所」とか「子猫 医者」とか「捨て猫 飼う どうやって」とか検索しませんか?

これは今の時代のスタンダードなのです。こういった検索エンジンによって得られた情報で、みんな次の行動を決めているわけです。

僕の書いているブログを例に取ると、大学1回生が教養課程のレポートなりテストを受けます。講義は受けていたけど、大まかな全体像を知りたいと、大学生は思います。そういうときに僕の記事の質がよければ、その大学生には役に立つのです。

このように今の時代は、みんな検索エンジンに掛けて出てくる情報を欲しがっているのです。

しかも日本人は1億2千万も人がいて、その誰もが、何らかの疑問や悩みを抱えているのです。人気のある検索キーワードってのは日に10万人以上そのキーワードを検索することもあるのです。その広告効果といったら絶大です。

僕は日夜、質の良い記事を書いて、それがGoogleやYahoo!の検索エンジンに掛かるような媒体を目指しているわけです。そういう媒体を作るために時間を割いてサイトを育てている訳です。

この1ヶ月は、そういう歩みです。

人気サイトの道は1日にしてならず

これ見ている方の中には、ブログって今更? ブログはオワコンだって言う人もいるかもしれません。だけど、僕はそうではないと思います。それは質の高い媒体を作れない、作るのが難しいからあきらめる人が多いってだけで、全然、誰でも今からやって間に合うと思います。

とにかく僕が、今やるべき事っていうのは、質の良い記事と媒体を作ることです。

そのためにSEO(サーチエンジンオプティマイゼイション)対策が必要なのです。

で、検索エンジンに掛けると上に来る記事は、みんな見ますよね? だけど100位にある記事ってみんな見ますか? 見ないですよね。そういうものです。一つのキーワード、例えば「副業 5万」とかそういうキーワードで検索するとします。今日は45,700,000件ヒットしました。

まあ、結構な人気キーワードですね。

これらキーワード検索の上位に何があるか? それはYouTubeの動画でした。人気YouTuberのマナブさんと佐原まいさん、ヒトデせいやさんの動画ですね。これらの動画はそれなりに知名度がある、Googleが評価した人たちなのです。

こういう先駆者の人と勝負することは難しいですが、言葉なんて無数にあるし、知りたいことや悩みも無数に存在します。問題は、Googleがその媒体をどう評価しているか、ということ一点に尽きます。Googleが検索エンジンの上にあげる媒体は全部質が良いのです。逆に言えば、質が良いから検索したときに上にあがるのです。では、どうやってそれを決めているか。

現在、SEOの評価基準は実力性なのです。

SEOについて考える

僕がブログを始めて3週間経って思うことは、そもそも道のりが遠いなと感じます。

これはやっぱり挫折するし、やらなくなりますよ。記事を書いていても、なかなか多くの人に読まれなければ、書いていて何やってるんだろうってなりますよね。

僕の場合、独学ですが、サイトに毎日0ってことはないです。自分で、Twitterの中でしつこく宣伝していますから。それから掲示板で紹介したりして、それで2週間で120人くらい来てくれて、そのなかで残ってくれた人がいるようです。

でもやっぱりSEO対策して、検索上位にならないといけないなとは思います。

ですが、何かエラー出て検索エンジンの1位に載っていた「とっかかりブログ」というキーワードが下がったりいろいろあります。プラグインもたった今、All in one SEOに戻しました。何かさっきまでYoast SEO使っていたんですが、設定が完璧にできなくて、わかりやすい「All in one SEO」に戻しました。

さっき3週間目にしてようやくサイトマップが整いました。今の今まで放置していたのですが、何かそういうの整えないとSEOに影響するようなこと聞いたので。まあ何にしても、全然、まだまだです。

SEO対策をしようにも、今日サイトマップを整えた状態ですので、キーワード選定行う暇もありません。ただただ新しい情報が入ってきて、Wordpressのシステムを整えるに手一杯です。

おわりに

一つSEO対策情報で不安なことがあります。

それは、Googleが求めていることが次の3つだそうです。

 

・専門性  ・権威性  ・信頼性

 

これが備わってこそ、検索上位が安定するようです。Googleは、この3つを順位付けの根拠にするそうです。

今考えることではないんですが、「権威性」がまったくないけど。大丈夫かなぁ、と思う次第です。自分の方向性があっているのか、それで最終的に収益が上がるのか、一抹の不安は残りますが、現在1ヶ月経って、ありがたいことに直帰率と平均ページ滞在時間が非常に良い数字を叩きだしています。

 

方向性としては間違っていないと信じております。

それを踏まえて、次の課題を示しておきます。

・キーワード選定と書くべき記事を一致させること(記事の内容はポリシーですので)

・記事に「専門性」「権威性」を持たせる努力。例えば小説で賞を取るとか。学者とコネをつくって、有効な外部リンクを増やすなど。

・コンテンツの質の向上(推敲を必ず1記事6回行うこと。僕の場合、6回直すと読みやすい文章に整います)

・被リンクの対策

こんなことですかね。何か最後はぼやきみたいになってしまいましたが。

タイトルとURLをコピーしました